キャッシュカードの構造と種類

キャッシュカードの構造と種類

一般的に幅85.6mm、高さ54.0mm、厚さ0.76 mmサイズのプラスチック製で、これはISO(ISO 7810)やJISによって規定されているカードサイズであります。

口座番号や氏名の文字がエンボス加工されて刻印されている。(Suica一体型カードや日本郵政公社の郵便貯金ICキャッシュカード、VISAデビットカードなどはエンボスレスで、カード表面に口座番号・カード番号等が印字されています。)

現在普及しているキャッシュカードは、プラスチックに磁気帯をつけた磁気カードと、更にICを搭載したICカードがあります。


磁気カード

プラスチックの本体に刻印を施し、磁気帯をつけて、口座番号等の情報を磁気情報で記録したものです。

ATMでは、記録された磁気情報のみを用いて手続きを行います。

この磁気情報を他のカードリーダ等で読み書きする事が可能であり、真正なキャッシュカードの情報を取り出して他のカードに記録する事でATMから見て真正なカードと見分けのつかない偽造カードを作出できます。

日本と、米国を含めた諸外国とでは、キャッシュカードなど金融取引に使われるカードの磁気エンコードの方式が異なるため、国内金融機関のATMで両方に対応するものは、外国銀行または日本郵政公社が設置するATMなどが多いです。

日本国内で使用されている磁気エンコード方式にはJIST型とJISU型があります。

強い磁気に晒されると磁気情報が破損して使用できなくなることがある。


ICカード

上記の磁気カードの本体に、更にICを搭載して機能と安全性を高めたものです。

カード毎に異なる鍵情報をIC内に内蔵し、この鍵を用いてATMと暗号通信を行う機能を持っています。

カード内の暗号鍵そのものが外部とやり取りされるわけではないので、同じ情報を持つ偽造カードを作出することは困難とされています。

ただしリバースエンジニアリング等の手法によりメモリ内の暗号鍵が直接読み出された場合や、(現時点では計算量的に困難とされるが)通信内容から暗号鍵を推測された場合には複製も可能となります。

現在日本郵政公社・三菱東京UFJ銀行(旧東京三菱・旧UFJのいずれも採用している。)・みずほ銀行・三井住友銀行・セブン銀行などで採用されているが、カードの種類によっては有効期限が定められていたり、発行・更改に手数料がかかるものもあります。

物理的にICが破壊されると使用できなくなることがあります。


生体認証カード

上記のICカードに、生体認証に用いる情報を追加記録したものであります。

ATMに用いられる生体認証として、手のひらの静脈パターンを読み取る方法と、指先の静脈パターンを読み取る方法の2種類が採用されています。

手のひら方式は三菱東京UFJ銀行(旧東京三菱店の口座)、青森銀行、七十七銀行、南都銀行、広島銀行、城南信用金庫などで、指先方式はみずほ銀行や三井住友銀行、日本郵政公社、りそな銀行、埼玉りそな銀行、秋田銀行、荘内銀行、山形銀行、岩手銀行、みちのく銀行、常陽銀行、京都銀行、近畿大阪銀行、みずほ信託銀行、住友信託銀行、京都信用金庫などで採用されています。

現時点(2006年2月)では相互に互換性は無いが、今後は各々の系列で、他方の方式にかかわる生体認証情報もICに追加記録し、最終的にはどちらの生体認証方式のATMでも使える様になります。



posted by ランクル at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャシュカード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。