クレジットカードの種類

カードの種類

プロパーカード
クレジットカード会社が他と提携せず単独で発行するカードであります。

ハウスカードもこれに含まれます。

提携カード

クレジットカードを発行している企業若しくは銀行が小売店などと提携して発行を行うものです。

日本の提携カードについては別途参照のこと。

クレジットカードのグレード
限度額、年会費などについては日本におけるものであります。


一般カード(クラシックカード)

ラインナップの中では最も基本的なカードです。

利用限度額も長く使っていれば50〜100万円くらいにまで上がるので、通常の買物といった使用方法であればこのクラスで十分であります。

一般的な一般カードの年会費は1000円程度であり、また、無料で発行しているものも多いが、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)の「アメリカン・エキスプレス・カード」は税込12600円、シティカードジャパンの「ダイナースクラブカード」は税込15750円と文字通り桁違いであります。

また、一般的な一般カードより年会費がやや高目(2〜3000円程度)で、保険やサービスが充実した一般カードもある(三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や「三井住友VISAエグゼクティブカード」、三菱UFJニコスの「DCカードニューズ」、ジェーシービーの「JCBグランデ」など。)が、利用限度額は通常の一般カードと同じであります。


ゴールドカード
詳細はゴールドカードを参照

それなりの属性を持つ顧客を対象に発行される高付加サービスカードです。

利用限度額は一般カードより高目に設定されています。

また、このクラスのカードの保持者は、空港での有料ラウンジの無料利用やカード会社によるホテルや娯楽施設の案内・予約代行等のサービスを利用する事が出来るものが多いです。

20代向けのヤングゴールドカードも存在し、機能や年会費は、クラシックカードとゴールドカードの中間であります。

下記に示すように、ゴールドカードを持つ=富豪ではなく、一般層の範囲であります。


プラチナカード
エグゼクティブクラス向けのステイタスの高いカードです。

このクラスのカードはカード会社が優良会員に対して特別に付与するという位置付けである場合が多いです。

なお、この種のカードは旅行やレジャーといった趣味のために使うことが前提であり、そのための付加サービスがゴールドカード以上に充実しています。

日本では、三井住友カードの「三井住友VISAプラチナカード」、シティカードジャパンの「シティ プラチナカード」、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)の「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」、クレディセゾンの「《セゾン》プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」、SBIカードの「SBIプラチナカード」が発行されています。


ブラックカード
詳細はブラックカードを参照

日本で発行されている最上級のカードに、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル(日本支社)の「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」(国際ブランドは AMERICAN EXPRESS)、シティカードジャパンの「ダイナースクラブプレミアムカード」(国際ブランドは Diners Club)。これらは、券面の色が黒である為、俗に「ブラックカード」と呼ばれています。
(欧米で黒は冨の象徴を意味する。)

年会費も高く利用限度額も桁違いに高い(利用限度額設定がされていないものも存在する)。

これらは、カード利用者本人からの作成希望に応じて作られるのではなく、カード会社から上客と認定(カードの利用実績などから)されたカード会員へ送付されるもので、利用の開始に際しては初回にカード会社への照会が必要となります。


学生カード

18歳以上の学生(大学生や専門学校生、大学院生など)向けに発行されるカードです。

JALカードnavi(25歳未満)や学生専用ライフカード(25歳以下)、OMCキャンパルカード(28歳以下)など、入会の際に年齢制限が課せられるものもあります。

年会費(殆ど無料)と利用限度額(5〜30万円)が低く設定されている割には保険等のサービスが一般カードより充実しているカードもあります。

本来は収入の乏しい属性故に与信審査で刎ねられるはずだが、両親の信用で発行されているのが実態であります。

しかし、その信用情報は参照しません。

少なくとも子供を教育機関に通わせることが出来るだけの余裕がある、と見なされるためであります。

契約者が未成年の場合は親権者の承諾が必ず必要であるが、成人であっても親について記入させられることが少なくないです。

ほとんどの場合、申込書に学生証のコピーの添付が必要です。

大学生協の組合員証(Tuoカード)やCOPAカード、学生証と一体化したクレジットカードなどもあり、特段の事情がない限り在学期間中持つことになるようなものもあります。

学生証一体型は、eLIO、Smartplus、セーフティーパスやMondexなどのICカードを搭載し、入退室管理や学内の食堂・売店などで扱える独自のクレジットや電子マネー機能を搭載したものもあります。


法人カード

コーポレートカード
法人(主に大企業)を対象に発行される経費決済カード。利用極度額は法人または部署単位で設定されており、契約形態によるが法人側が任意にカードの発行枚数(利用者)を指定できる様になっています。

また、キャッシング機能を付帯させる事も可能です。

法人によっては社員にこのカードと後述の福利厚生カードの2種類持たせ、公私混同させないようにしている所もあります。

主に接待費や出張費、消耗品購入など法人の経費を決済する際に用いられ、それらの費用はカード会社が立て替えるため、法人側は支払日まで現金を用意する必要が無く、カード利用分は経理担当などが明細によって利用者毎にどの加盟店で幾ら使ったか確認出来たり、ゴールドカードに準ずるサービスの為、出張時の空港ラウンジや旅行傷害保険が無料付帯される等の利点があります。


ビジネスカード

個人事業者向けカード

日本の一部のカード会社による独自のカードで、先のコーポレートカードをアレンジして個人事業者向けに発行するもの。個人カードと同じく一般とゴールドのグレードが選べる様になっており、年会費が無料の場合もあります。

福利厚生カード

福利厚生の為に法人に所属する者や職域生協の組合員に対し発行されるカードです。

ゴールドカードに準ずるサービスが付帯しているが、個人で契約するゴールドカードより限度額が低い(一人当たり50万円〜80万円程度)。

また、法人の契約形態によってカード利用分は翌月の給与から直接天引き(控除)されるパターンも有ります。

有名なものでは、ジェーシービー及び三菱UFJニコスが国家公務員共済組合連合会(KKR)と提携し、組合員(退職者を含む)に発行する「KKRメンバーズカード」があります。

住信カードは、朝日新聞社と提携し、同社のアスパラクラブの会員にビジネスカードを“切り売り”し、年会費2500円で発行しています。


posted by ランクル at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | クレジットカード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プレミアムに発展できるクレジットカード
Excerpt: クレジットカードって使っています? 日本じゃ、単に立て替え払いの道具って感じなん
Weblog: Blog of SIOUX
Tracked: 2007-07-08 20:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。